●盲人安全つえ(白杖)を使用して歩行困難になるケース

盲人安全つえ(白杖)を使用して、トラブルに巻き込まれると、歩行困難になってしまう場合もあります。どのような場合があるのか、またどのような対策があるのか見て行きたいと思います。

①使用時の衝撃による破損

盲人安全つえ(白杖)を使用して歩行している時に、歩行者、自転車、自動車に踏まれたりして、衝撃吸収以上の力が盲人安全つえ(白杖)に加わると、盲人安全つえ(白杖)を構成するがパイプが破損して、それ以降、盲人安全つえ(白杖)を使用しての歩行が困難になります。

②長時間の使用による破損

盲人安全つえ(白杖)の各部品パーツにも寿命があるため、長時間利用することで、部品が破損して利用できなくなるケースがあります。